音楽観想

エトヴィン・フィッシャー 著 ; 佐野利勝 訳

心から心へ、ピアノの巨匠が語り尽くしてやまない音楽への敬虔なる愛の書。新訳の珠玉の言葉を加え、演奏家・愛好家が常に立ち返るべき音楽の原点の輝き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽観想(若き音楽家への挨拶
  • 芸術と人生
  • 楽曲の解釈について
  • ヴォルフガンク・アマデーウス・モーツァルト ほか)
  • エトヴィン・フィッシャーは語る(日付のない手紙
  • 機械工学と精神
  • エトヴィン・フィッシャーとのインタビューより-1949年8月1日、ザルツブルクにおいて
  • 1936年ポツダムでのマスターコースにおける速記録より-パウル・ロイシェル氏による
  • 亡き人を偲んで)
  • 音楽の道徳的ちからについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽観想
著作者等 Fischer, Edwin
佐野 利勝
フィッシャー エトヴィン
書名ヨミ オンガク カンソウ
書名別名 Musikalische Betrachtungen Johann Sebastian Bach
シリーズ名 みすずライブラリー
出版元 みすず書房
刊行年月 1999.6
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 4622050404
NCID BA41895019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99100865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想