ロシア闇の大国

江頭寛 著

衰えたりとはいえロシアは大国である。しかもわが国の隣国である。未解決の北方領土問題もある。そこには大量の資源が眠っており、各国はその資源を虎視眈眈と狙っている。また、数百年の伝統をもつスラブ主義の台頭も不気味である。本書は、日本経済新聞社にあってモスクワ特派員を務め、現在もロシアの有力者と交わるなど、二十数年にわたってソ連/ロシアをウォッチしてきた著者が、ほとんどの日本人が解読できないロシアの複雑な内情を明らかにするとともに、日本のとるべき方策を示唆した貴重な一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 九六年大統領選挙
  • 強硬派追放劇
  • 七人の銀行家による支配
  • 将軍の台頭
  • かりそめのチェチェン和平
  • 摂政政治
  • クレムリンのゴッドファーザー
  • 利権抗争
  • ガスプロム攻防戦
  • 銀行間戦争〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア闇の大国
著作者等 江頭 寛
書名ヨミ ロシア ヤミ ノ タイコク
出版元 草思社
刊行年月 1999.6
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4794208871
NCID BA41894355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想