消費不況の経済学 : 買い渋りはなぜ起きたか

武藤博道 著

消費支出の4割を占める選択的消費。その動向が日本の景気を左右する!バブル経済、価格革命、少子・高齢化が消費をどのように変えたのか。日本経済の大きな変化を消費の視点から解明する本格的実証研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プロローグ 選択的消費の時代
  • 第2章 バブルと家計消費
  • 第3章 価格破壊と消費
  • 第4章 将来不安と消費不況
  • 第5章 時間資源と消費
  • 第6章 子育てコストと子供需要
  • 第7章 高齢者の経済状態と消費

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費不況の経済学 : 買い渋りはなぜ起きたか
著作者等 武藤 博道
書名ヨミ ショウヒ フキョウ ノ ケイザイガク : カイシブリ ワ ナゼ オキタカ
書名別名 Shohi fukyo no keizaigaku
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1999.6
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4532131723
NCID BA41854485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想