東洋的近世

宮崎市定 著 ; 礪波護 編

世界史理解の究極の鍵は東洋にあるのでは-一千年余の東洋の近世と西洋を比較、共通の要素、密接な交流を実証し、内藤湖南の宋代近世説を継承発展させた史論「東洋的近世」とその根拠となった論文、社会経済の観点から近世の特徴を論述した四篇を併載する完全版。"景気変動史観"を初めて公表した「宋詩概説」書評を付載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東洋的近世
  • 中国近世における生業資本の貸借について
  • 合本組織の発達-「中国近世における生業資本の貸借について」補遺
  • 宋代以後の土地所有形体
  • 明清時代の蘇州と軽工業の発達
  • 『宋詩概説』(吉川幸次郎著)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東洋的近世
著作者等 宮崎 市定
礪波 護
書名ヨミ トウヨウテキ キンセイ
書名別名 Toyoteki kinsei
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.6
ページ数 262p
大きさ 16cm
ISBN 4122034450
NCID BA4184357X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99114673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想