戦後二十年の遍歴

岡崎勝男 著

ポツダム宣言受諾に伴いマニラへ派遣された代表団は、帰途飛行機事故にあい生還する。外務省の岡崎はその一行にいた。そして降伏文書調印のためミズーリ艦上へ。激動の日日を送った岡崎はやがて吉田茂に招かれ、官房長官・外相などを歴任。吉田側近として「戦後20年」の大変動期の困難を双肩に担い、時代を真摯に生きた。本書は日本外交への提言を織り交ぜた現代史の隠れた名篇記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後20年の遍歴(降伏文書調印と最初の終戦連絡
  • 吉田内閣の出現と平和条約締結の舞台裏
  • 山崎内閣の不成立と吉田内閣の実現
  • 石油利権の獲得と国連大使就任
  • 印象にのこる国連初演説-文書に「先進国日本」)
  • 岡崎勝男談話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後二十年の遍歴
著作者等 岡崎 勝男
書名ヨミ センゴ ニジュウネン ノ ヘンレキ
書名別名 Sengo nijunen no henreki
シリーズ名 シリーズ戦後史の証言 : 占領と講和 6
中公文庫 6
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.6
ページ数 183p
大きさ 16cm
ISBN 4122034477
NCID BA41841825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99114671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想