グローバリズムという妄想

ジョン・グレイ 著 ; 石塚雅彦 訳

世界を席巻するかに見えるアングロ・アメリカン市場主義こそ、価値の多元性を否定し、経済と社会を混乱に陥れる元凶だ!グローバリゼーションの虚妄と危険性を痛烈に批判し、欧米論壇で話題を呼んだ注目書、待望の邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『大転換』からグローバル自由市場への道程
  • 2 国家が構築した自由市場
  • 3 グローバリゼーションの虚実
  • 4 新しいグレシャムの法則
  • 5 アメリカとグローバル資本主義のユートピア
  • 6 共産主義崩壊後のロシアのアナーキー資本主義
  • 7 西欧の黄昏とアジア型資本主義の勃興
  • 8 レッセフェール時代の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリズムという妄想
著作者等 Gray, John
石塚 雅彦
グレイ ジョン
書名ヨミ グローバリズム ト ユウ モウソウ
書名別名 False dawn

Gurobarizumu to yu moso
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1999.6
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 4532147565
NCID BA41833077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99106330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想