落書というメディア

吉原健一郎 著

社会批判のエネルギーと言葉の刃。江戸庶民の生活感覚に密着した落書のエスプリを読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 落書とは(落書と落首
  • 落書のテキスト
  • 矢島松軒 ほか)
  • 2 落書文化の成立(江戸初期の落書
  • 大阪の陣の瓦版
  • 島原の乱 ほか)
  • 3 落書から時代を読む(享保改革
  • 防火対策
  • 御借米 ほか)
  • 4 庶民と落書(米価上昇
  • 天保銭
  • 仙石騒動 ほか)
  • 5 落書と写本(落書の流通
  • 由蔵と松軒
  • 狩野亨吉 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落書というメディア
著作者等 吉原 健一郎
書名ヨミ ラクショ ト ユウ メディア : エド ミンシュウ ノ イカリ ト ユーモア
書名別名 江戸民衆の怒りとユーモア

Rakusho to yu media
シリーズ名 江戸東京ライブラリー 7
出版元 教育
刊行年月 1999.6
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 4316357301
NCID BA41819087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想