骨の健康学

林泰史 著

高齢者に深刻な骨粗しょう症、骨折の急激な増加…。人の体をしずかに支えてきた骨に、いま危険信号が点滅している。しかし適切な食事や運動、日光浴、さらに薬により、強さは十分に維持できる。溶かす細胞、つくる細胞、コラーゲン、カルシウムが織りなす骨の世界と、その健康を維持・増強するためのさまざまな方法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 骨の健康学
  • 第1章 骨は生きている
  • 第2章 骨を溶かす細胞、つくる細胞
  • 第3章 骨はカルシウムの貯蔵庫
  • 第4章 カルシウムは生命の炎
  • 第5章 骨の病気
  • 第6章 骨粗鬆症と高齢者骨折
  • 第7章 骨粗鬆症の治療と予防
  • 終章 社会がとりくむ骨粗鬆症

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 骨の健康学
著作者等 林 泰史
書名ヨミ ホネ ノ ケンコウガク
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.6
ページ数 243p
大きさ 18cm
ISBN 4004306205
NCID BA4178039X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99111138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想