ボランティアの考え方

秦辰也 著

ボランティアは単なる慈善的なタダ働きや学校の単位取得の手段ではない。個人と社会との生き生きとした接点をつくる実践である。東南アジアでの一五年の経験とそこで出会った人々の活動をもとに、ボランティアの歴史と思想、その組織や制度のためのルールづくりの方法を探り、二一世紀の市民参加はどうあるべきかを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 支えてくれるボランティア
  • 1 欧米の「市民」とボランティアの思想
  • 2 現代を生きるボランティア
  • 3 国際ボランティアの思想
  • 4 アジアで実践するボランティア活動
  • 5 緊急救援にみるボランティアの精神
  • 6 市民参加と日本のボランティアリズム
  • 7 ボランティア国際年に向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボランティアの考え方
著作者等 秦 辰也
書名ヨミ ボランティア ノ カンガエカタ
書名別名 Borantia no kangaekata
シリーズ名 岩波ジュニア新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.6
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4005003249
NCID BA41778795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99111257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想