心の現代哲学

信原幸弘 著

本書は、心的なものを何らかの意味で物的なものとして理解しようとする物的一元論の可能性を探りたいと思う。心的なものを物的なものとして理解するということは、心的なものを何らかの仕方で物的世界に定位するということ、物的世界のうちに心的なものの適当な居場所を見い出してやることである。つまり、心的なものを超自然的なものとしてではなく、物的世界に生起する自然現象として理解するということである。物的一元論はこのような心の自然化を目指す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 心身問題(因果性から見た心と脳
  • 命題的態度と合理性
  • 心の実在性)
  • 2 志向性(志向性の自然化
  • 非法則性と志向的内容
  • 解釈の不確定性)
  • 3 意識(意識の謎
  • 感覚質の志向化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の現代哲学
著作者等 信原 幸弘
書名ヨミ ココロ ノ ゲンダイ テツガク
書名別名 Contemporary philosophy of mind

Kokoro no gendai tetsugaku
出版元 勁草書房
刊行年月 1999.6
ページ数 251, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4326153423
NCID BA41754902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想