七月の花

大岡信 編

朝顔、夾竹桃、百日紅、石楠花、クロユリ…随筆。短編小説。植物学こぼれ話。朝の陽を浴びてきらめくとりどりの色。アンソロジー花の歳時記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゆふすげびと-巻頭詩(立原道造)
  • 朝顔(志賀直哉)
  • 青い朝顔(中上健次)
  • 田楽豆腐(森鴎外)
  • 炎暑の花(大仏次郎)
  • 夾竹桃-新しい古風さ(奥野健男)
  • 白さるすべり(宮柊二)
  • 百日紅(高浜虚子)
  • 百日紅(松谷みよ子)
  • 石楠花(小島烏水)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 七月の花
著作者等 塚谷 裕一
大岡 信
田中 澄江
書名ヨミ シチガツ ノ ハナ : メイクセン
書名別名 名句選
シリーズ名 花の名随筆 / 大岡信, 田中澄江, 塚谷裕一 監修 7
出版元 作品社
刊行年月 1999.6
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4878937319
NCID BA41720809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093870
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想