沖縄近い昔の旅 : 非武の島の記憶

森口豁 著

自己の沖縄体験と「もう一つの日本」の歴史と人びとの想いを若い人たちに語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 母と子の残像-ウルトラマンの戦争
  • 風呂敷包みのなかの「御真影」-孤島の女教師
  • 少年が歌った『海ゆかば』-海底に沈んだ疎開学童
  • 二つのガマ-生と死を分けたもの
  • ある「在日沖縄人」の痛恨-彫刻家・金城実の世界
  • 60万発の艦砲弾-ベトナムと沖縄
  • 全滅家族の屋敷跡-パパイアの涙
  • ありったけの地獄-戦争証言が語りかけるもの
  • 死の抗議-キセンバル・レクイエム
  • 安保が見える丘-君は基地に何を見たか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄近い昔の旅 : 非武の島の記憶
著作者等 森口 豁
書名ヨミ オキナワ チカイ ムカシ ノ タビ : ヒブ ノ シマ ノ キオク
出版元 凱風社
刊行年月 1999.5
ページ数 293p
大きさ 21cm
ISBN 4773623101
NCID BA41716812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想