認識と情意 : ピアジェ思想の観点・制約・背景

市川功 著

[目次]

  • 第1章 ピアジェの思想と発生理論
  • 第2章 ピアジェの構造主義的立場
  • 第3章 ピアジェ道徳論の展開-適応システムとしての「情意」
  • 第4章 ピアジェに残された課題-情意論の視点から
  • 第5章 ピアジェ思想の背景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認識と情意 : ピアジェ思想の観点・制約・背景
著作者等 市川 功
書名ヨミ ニンシキ ト ジョウイ : ピアジェ シソウ ノ カンテン セイヤク ハイケイ
出版元 北樹
刊行年月 1999.4
ページ数 156p
大きさ 22cm
ISBN 4893846914
NCID BA41690912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99085146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想