3層クライアント/サーバ要件定義技法

石井孝 監修 ; 仲谷元 編著

本書では、DORTIA技法のうち「要件定義は何を目的にしているか」「要件定義では何を行うか」を解説している。「何を行うか」を解説するために、「どのような情報を定義するのか」、「情報は相互にどのような関係にあるのか」ということを、DORTIA技法の命名の元にもなったデータ中心アプローチ(DOA)の考え方を基本に説明した。すなわち、システムに求められる要件を業務モデリングの手法に基づき、「データ」、「プロセス」および「ユーザインタフェース」の3つの視点から整合性をとりながら定義していく過程を説明したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 3層クライアント/サーバ要件定義技法の考え方
  • 第2章 第1フェーズ-データ・プロセス・ELHモデリング
  • 第3章 第2フェーズ-第1フェーズで作成したモデルの検証
  • 第4章 第3フェーズ-ユーザインタフェース・イベントプロセスモデリング
  • 第5章 試験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3層クライアント/サーバ要件定義技法
著作者等 仲谷 元
石井 孝
中村 浩志
松本 雅人
書名ヨミ 3ソウ クライアント サーバ ヨウケン テイギ ギホウ
書名別名 3so kuraianto saba yoken teigi giho
出版元 共立
刊行年月 1999.5
ページ数 130p
大きさ 26cm
ISBN 4320029283
NCID BA41640153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99095810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想