ラテンアメリカ : 統合圧力と拡散のエネルギー

清水透 編

新自由主義の大波のなかで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 ラテンアメリカとは何か
  • 1 語りはじめた「人種」-ラテンアメリカ社会と人種概念
  • 2 排除と統合-近代ラテンアメリカ都市のエリートと民衆
  • 3 歴史的拘束の意味-観光・文学・映画の政治
  • 4 グローバル化する経済とラテンアメリカ社会-新自由主義の光と陰
  • 5 世紀転換点のラテンアメリカ政治
  • 6 開発のなかのアマゾン-発明される自然・否認される社会
  • 7 人の移動・国家・生活の論理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラテンアメリカ : 統合圧力と拡散のエネルギー
著作者等 古谷 嘉章
大串 和雄
山脇 千賀子
工藤 多香子
林 みどり
柳原 孝敦
清水 透
谷 洋之
鈴木 茂
高橋 正明
書名ヨミ ラテン アメリカ : トウゴウ アツリョク ト カクサン ノ エネルギー
書名別名 Raten amerika
シリーズ名 <南>から見た世界 / 木畑洋一 ほか編 5
出版元 大月書店
刊行年月 1999.6
ページ数 273, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4272200755
NCID BA41636826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99101219
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想