地球外生命体 : 存在の確率

アミーア・D.アクゼル 著 ; 加藤洋子 訳

地球外生命体の確率は1.00、いかなる意味においても1.00である。われわれは孤独ではない。宇宙の遙か彼方から、きっと接触してくるものがある。量子論、カオス理論など最新科学の成果と確率論による壮大な生命探査のオデッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フェルミのパラドクスとドレイクの方程式
  • 51ペガシ
  • 宇宙の化学
  • 生命の二重らせん
  • 胚種広布説、ビューラカン、火星からの隕石
  • 小惑星、火山、ネメシス
  • 知性の進化
  • 神はサイコロを振るか?
  • インスペクション・パラドクス
  • 誕生日の問題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球外生命体 : 存在の確率
著作者等 Aczel, Amir D
加藤 洋子
アクゼル アミーア・D.
書名ヨミ チキュウガイ セイメイタイ : ソンザイ ノ カクリツ
書名別名 Probability 1

Chikyugai seimeitai
出版元 原書房
刊行年月 1999.5
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 4562031956
NCID BA41625127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99105784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想