メールヒェンの起源

アンドレ・ヨレス [著] ; 高橋由美子 訳

ドイツのグリム兄弟によって集大成されたメールヒェンの豊潤な世界。昔話研究の必読書とされてきた本書は民衆が口伝えしてきた民話を言語の形態として分類し、それぞれが独自な精神活動によって形成されたと説く。比類なき体系性が絶讃された先駆的名著の新訳を文庫オリジナルとして刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 聖人伝
  • 第2章 一族物語
  • 第3章 神話
  • 第4章 謎
  • 第5章 ことわざ
  • 第6章 決疑法
  • 第7章 追想記
  • 第8章 メールヒェン
  • 第9章 冗談ばなし
  • 終章 今後の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メールヒェンの起源
著作者等 Jolles, André
高橋 由美子
Jolles Andr'e
ヨレス アンドレ
書名ヨミ メールヒェン ノ キゲン : ドイツ ノ デンショウ ミンワ
書名別名 Einfache Formen

ドイツの伝承民話
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.6
ページ数 410p
大きさ 15cm
ISBN 4061593803
NCID BA41617810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想