したたかなロシア演劇 : タガンカ劇場と現代ロシア演劇

堀江新二 著

ソ連時代、世界にその名を馳せたタガンカ劇場。ペレストロイカを越えて新しい表現を模索するさまざまな劇場。時代の変化の中でしたたかに生き続けるロシア演劇の姿を追いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 タガンカ劇場物語(番外編 80歳を迎えたリュビーモフ氏)
  • 2 ポスト・タガンカ時代(1980年代のソ連演劇-世代交代の流れの中で
  • ペレストロイカとソ連演劇の20年周期-変化の中の未来(対談)
  • ドージンとマールイ・ドラマ劇場
  • ロシア演劇の中のベリャコーヴィチ-若者に圧倒的な人気のロック演劇
  • 1992‐98年のロシア演劇)
  • 補論 日露演劇交流史のある断片-小山内薫、川上貞奴と1900年代初頭のロシア演劇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 したたかなロシア演劇 : タガンカ劇場と現代ロシア演劇
著作者等 堀江 新二
書名ヨミ シタタカナ ロシア エンゲキ : タガンカ ゲキジョウ ト ゲンダイ ロシア エンゲキ
書名別名 Shitatakana roshia engeki
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1999.7
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 479070761X
NCID BA41612147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99119666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想