真空管工学

浜田成徳 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒論
  • 第一章 眞空管工學原論
  • 1.1 熱電子放出現象 / 3
  • 1.2 單一金屬の熱電子放出 / 5
  • 1.3 單原子層の熱電子放出 / 6
  • 1.4 酸化物陰極の熱電子放出 / 8
  • 1.5 高温物質のイオン放出 / 9
  • 1.6 二次電子放出現象 / 9
  • 1.7 眞空中に於ける電子の運動 / 12
  • 1.8 熱電子流の脈動現象 / 21
  • 1.9 接觸電位差 / 23
  • 1.10 二極眞空管 / 24
  • 第二章 三極眞空管の理論と特性
  • 2.1 等價二極管 / 28
  • 2.2 三極眞空管の定數 / 31
  • 2.3 三極眞空管定數の計算法 / 33
  • 2.4 三極眞空管の特性 / 37
  • 2.5 三極眞空管の電子幾何光學的考察 / 42
  • 2.6 格子が正電位を有する場合の特性 / 44
  • 第三章 多極眞空管の理論と特性
  • 3.1 多極眞空管の起源と分類 / 48
  • 3.2 多極眞空管の理論 / 48
  • 3.3 多極眞空管の電子幾何光學的考察 / 61
  • 3.4 第二種多極眞空管 / 64
  • 第四章 眞空管の設計,構造,材料並に製作法
  • 4.1 眞空管の設計法 / 67
  • 4.2 陰極の材料及び構造 / 70
  • 4.3 陽極の材料及び構造 / 80
  • 4.4 格子の材料及び構造 / 86
  • 4.5 その他の部分品 / 87
  • 4.6 外圍器 / 88
  • 4.7 眞空管の製作法 / 92
  • 第五章 眞空管の試驗法
  • 5.1 纎條電壓,纎條電流 / 95
  • 5.2 靜的特性 / 95
  • 5.3 眞空管定數 / 97
  • 5.4 電極間容量 / 104
  • 5.5 陰極放射電流 / 106
  • 第六章 眞空管増幅器
  • 6.1 電壓増幅 / 107
  • 6.2 等價回路 / 109
  • 6.3 入力インピーダンス / 110
  • 6.4 動作特性 / 111
  • 6.5 歪 / 113
  • 6.6 非直線歪 / 113
  • 6.7 電力増幅 / 115
  • 6.8 A級電力増幅 / 116
  • 6.9 C級増幅 / 121
  • 6.10 B級増幅 / 124
  • 6.11 多段増幅 / 125
  • 6.12 抵抗結合増幅器 / 125
  • 6.13 インピーダンス結合 / 128
  • 6.14 變壓器結合増幅器 / 129
  • 6.15 高周波増幅器 / 132
  • 6.16 中間周波増幅器 / 133
  • 6.17 ニュートロダイン / 133
  • 6.18 特殊増幅方式 / 134
  • 6.19 饋還増幅器 / 135
  • 6.20 負饋還増幅器 / 136
  • 6.21 増濾波器 / 139
  • 6.22 自動音量制御 / 140
  • 6.23 壓伸増幅裝置 / 140
  • 6.24 眞空管増幅器の雜音 / 143
  • 第七章 眞空管變調器
  • 7.1 變調 / 145
  • 7.2 振幅變調 / 145
  • 7.3 變調度 / 146
  • 7.4 位相變調 / 148
  • 7.5 周波數變調 / 149
  • 7.6 眞空管による振幅變調 / 149
  • 7.7 格子變調 / 149
  • 7.8 陽極變調 / 150
  • 7.9 ハイジング變調 / 151
  • 7.10 B變調 / 151
  • 7.11 多極管による振幅變調 / 151
  • 7.12 搬送波阻止 / 152
  • 7.13 平衡變調器 / 152
  • 7.14 搬送波制御 / 152
  • 7.15 單一側帶波制御 / 154
  • 7.16 二重變調 / 154
  • 7.17 位相被變調波を得る方法 / 155
  • 7.18 振幅被變調波より位相變調波の合成 / 155
  • 7.19 シレー變調 / 156
  • 7.20 ドハテイー變調 / 156
  • 第八章 眞空管檢波器
  • 8.1 檢波 / 159
  • 8.2 自乘檢波 / 159
  • 9.3 直線檢波 / 162
  • 9.4 二極管檢波 / 162
  • 9.5 格子檢波 / 162
  • 9.6 陽極檢波 / 163
  • 9.7 再生檢波 / 163
  • 9.8 超再生檢波 / 163
  • 9.9 スーパーヘテロダイン檢波 / 164
  • 第九章 眞空管發振器
  • 9.1 發振囘路の構成 / 166
  • 9.2 發振器成立の條件と周波數 / 167
  • 9.3 發振囘路の一般的考察 / 170
  • 9.4 振動の始動と振幅の生長 / 172
  • 9.5 格子電流の影響 / 178
  • 9.6 發振器の出力と能率 / 179
  • 9.7 發振器の直流接續法 / 180
  • 9.8 眞空管發振器に於ける異常現象 / 181
  • 7.9 發振器周波數の安定法 / 184
  • 9.10 特殊發振器 / 188
  • 9.11 ダイナトロン
  • 9.12 ネガトロン及びカリロトロン
  • 第十章 眞空管整流器
  • 10.1 整流方式 / 201
  • 10.2 平滑裝置 / 204
  • 10.3 整流裝置の特性 / 206
  • 10.4 整流用眞空管 / 210
  • 第十一章 超高周波用眞空管
  • 11.1 超高周波に於ける諸問題 / 212
  • 11.2 負格子發振用眞空管 / 215
  • 11.3 超高周波増幅用眞空管 / 220
  • 11.4 正格子發振用眞空管 / 220
  • 11.5 磁電管 / 227
  • 第十二章 ガス入管
  • 12.1 瓦斯及び水銀封入熱陰極二極管 / 244
  • 12.2 水銀整流器 / 250
  • 12.3 イグナイトロン / 251
  • 12.4 格子制御放電管 / 251
  • 12.5 定電壓放電管 / 258
  • 12.6 バラスト抵抗管 / 259
  • 第十三章 ブラウン管
  • 13.1 陰極線と螢光物質 / 262
  • 13.2 電子幾何光學 / 267
  • 13.3 ブラウン管の種類 / 271
  • 13.4 ブラウン管の特性 / 273
  • 13.5 ブラウン管囘路 / 274
  • 13.6 テイヴイジヨン用ブラウン管 / 276
  • 第十四章 光電管及び光電池
  • 14.1 光電子放出現象 / 281
  • 14.2 光電管の種類 / 286
  • 14.3 光電管の特性 / 287
  • 14.4 光電管囘路 / 290
  • 14.5 堰層光電池 / 293
  • 14.6 二次電子遞倍管 / 294
  • 第十五章 眞空管研究の將來
  • 15.1 基礎的研究の必要 / 298
  • 15.2 陰極研究と眞空管の將來 / 298
  • 15.3 構造及び形状上の研究とその將來 / 299
  • 15.4 超高周波管の將來 / 300
  • 15.5 ガス入管の將來 / 300
  • 15.6 光電管及びブラウン管の將來 / 300
  • 15.7 我國に於ける眞空管研究とその將來 / 300
  • 文献 / 301~310
  • 索引 / 311~315

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 真空管工学
著作者等 和田 正信
浜田 成徳
濱田 成徳
書名ヨミ シンクウカン コウガク
書名別名 Shinkukan kogaku
出版元 コロナ社
刊行年月 1948
版表示 8版
ページ数 315p
大きさ 21cm
NCID BA60865252
BA64136888
BA67589710
BA67590163
BA75927921
BN03432914
BN04327631
BN04327675
BN07701472
BA41610582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48007926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想