世界を解く数学 : 誰も話さなかった危険な数の話

河田直樹 著

本書は「数学」の本でも、「数学史」の本でもありません。まずそれを最初に断っておきます。では、これはいったい何の本なのか?一言で言えば、小学校の算数や中学の数学、まあせいぜい高校1年までに習った数学を思い出しながら、そこで使われている「言葉」を、もう一度気楽に考えてみよう、という本です。大学の数学の話も多少登場しますが、そんなに難しく考えることはありません。数学も結局は「言葉の世界」であり、これを酒の肴にして、いろいろなことに想いをめぐらしてもらえればそれで十分なのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「その次」への目覚めからフラクタル図形までの話-人間精神の雛形としての無限
  • 第2部 分数からルート2の発見までの話-量の表現、量の無限分割の可能性
  • 第3部 つるかめ算から群・環・体までの話-関心の持ち方の変容 内・間・超
  • 第4部 測量から非ユークリッド幾何学までの話-現実から言語世界へ、そしてまた現実世界へ
  • 第5部 こどもの世界認識と言語の話-規範言語・科学言語・数学言語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界を解く数学 : 誰も話さなかった危険な数の話
著作者等 河田 直樹
書名ヨミ セカイ オ トク スウガク : ダレ モ ハナサナカッタ キケンナ スウ ノ ハナシ
書名別名 Sekai o toku sugaku
出版元 河出書房新社
刊行年月 1999.5
ページ数 202p
大きさ 20cm
ISBN 4309251137
NCID BA41610174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想