レヴィナス・コレクション

エマニュエル・レヴィナス 著 ; 合田正人 編訳

人間は「イリヤ」(ある)という非人称の牢獄から逃がれることが可能か。深いユダヤ的体験からハイデガー哲学との対決を通して、人間存在と暴力について根源的な問いを発し、独創的な倫理哲学を展開して「他者」の発見にいたるレヴィナスの思想の歩み、その40年の哲学的成果、「フライブルク、フッサール、現象学」「逃走論」「ある」「時間と他なるもの」「存在論は根源的か」など、21篇を集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エトムント・フッサール氏の『諸構想』について
  • フライブルク、フッサール、現象学
  • ヒトラー主義哲学に関する若干の考察
  • 書評(『哲学と現象学年誌』
  • ルイ・ラヴェル『全的現前』)
  • マイモニデスの現代性
  • 逃走論
  • 書評(スピノザ、中世の哲学者)
  • すべては空しいか
  • ある〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レヴィナス・コレクション
著作者等 Lévinas, Emmanuel
合田 正人
L'evinas Emmanuel
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ レヴィナス コレクション
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.5
ページ数 541p
大きさ 15cm
ISBN 4480084916
NCID BA41590394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想