インディアスと西洋の狭間で

ホセ・カルロス・マリアテギ 著 ; 辻豊治, 小林致広 編訳

20世紀ペルーが生んだ、広い知的視野をもった独創的な社会主義者マリアテギ(1894〜1930)。学校教育とは無縁に独学し、早くからジャーナリズムで仕事を始めた彼はその急進的民主主義者の立場ゆえに祖国を追われた。イタリアを中心としたヨーロッパでの生活の中で、クローチェ、マリネッティ、グラムシ、バルビュスらと知り合い、広くヨーロッパ文化に沈潜しつつ、マルクス主義に接近する。数年後に帰国した彼は、政治と文化の双方の分野にわたって旺盛な執筆活動を行なったほか、ペルー社会党や労働総同盟の結成に関わるなど実践面でも活躍した。本書は、あくまでもペルーの現実に根ざした地点で問題を立てつつ、同時代の世界各地の思想や政治・社会への広い関心を持ち続けたマリアテギ思想の全貌を明らかにするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 カーニバルのモチーフ-芸術・文化・文明論(芸術・文化論
  • 文明論)
  • 第2部 文明の黄昏-世界の流れの中から(転換期の西洋
  • 転換期の思想
  • 東洋の革命)
  • 第3部 民族的なものと外来のもの-ラテンアメリカでの実践(民族主義とインディヘニスモ
  • ラテンアメリカの革命)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インディアスと西洋の狭間で
著作者等 Mariátegui, José Carlos
小林 致広
辻 豊治
Mari'ategui Jos'e Carlos
マリアテギ ホセ・カルロス
書名ヨミ インディアス ト セイヨウ ノ ハザマ デ : マリアテギ セイジ ブンカ ロンシュウ
書名別名 マリアテギ政治・文化論集
シリーズ名 インディアス群書 16巻
出版元 現代企画室
刊行年月 1999.5
ページ数 380p
大きさ 22cm
ISBN 4773897023
NCID BA41577181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想