マージナリア : 隠れた文学/隠された文学

村田薫, 森田典正 編

本書の目的は文学史の表面から消えてしまった作品を救済することではない。消えるべくして消えた作品は無数にあるし、それはそれでよい。この論文集で私たちは再発掘に値する作品を取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 散乱する焦点(『美しき敗者たち』-レナード・コーエンの華麗なる孤独
  • 伝説への挑戦-ウィリアム・ゴールディング「蠍の神様」 ほか)
  • 2 死角への眼差し(論じつくされた作家ポウの「使い切られた男」-神なき身体"the nondescript"もしくはゼロ人称としての「私」
  • 隠れたユダヤ小説-ライオネル・トリリングの短編二編 ほか)
  • 3 栄光なき異才たち(死と乙女-世紀末を駆け抜けた詩人アーネスト・ダウスン
  • 遙かな場所の彷徨者-W・L・ボウルズのソネットについて ほか)
  • 4 断絶と復興(象徴としての数-アンドルー・マーヴェルの「アプルトン邸、フェアファクス卿に」
  • チャップブック-シンデレラ物語の系譜 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マージナリア : 隠れた文学/隠された文学
著作者等 村田 薫
森田 典正
書名ヨミ マージナリア : カクレタ ブンガク カクサレタ ブンガク
書名別名 Majinaria
出版元 音羽書房鶴見書店
刊行年月 1999.3
ページ数 391p
大きさ 21cm
ISBN 4755302099
NCID BA41572188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20036068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想