ちびくろサンボよすこやかによみがえれ

灘本昌久 著

黒人も『ちびくろサンボ』が大好きだった!!黒人の図書館員・児童書専門家が、こぞって推薦していた絵本『ちびくろサンボ』は、ある日、突然、「反サンボキャンペーン」にみまわれた。日本で『ちびくろサンボ』が一斉に絶版になってから10年。アメリカでの調査をふまえて、いま、はじめて明らかにされる『ちびくろサンボ』評価の変遷。日米に共通の反差別運動の問題点。被差別者の痛みとはなにか。差別語の判定基準はどこにあるのか。被害者意識とルサンチマン。差別撤廃の希望はどこにあるのか。被差別者の真の友とはなにか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サンボ絶版
  • 第2章 反サンボ運動の論拠-アメリカ・イギリス・カナダ
  • 第3章 反差別運動の正義-日本
  • 第4章 『ちびくろサンボ』の現在
  • 第5章 反差別の思想-被差別の痛み論批判

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ちびくろサンボよすこやかによみがえれ
著作者等 灘本 昌久
書名ヨミ チビクロ サンボ ヨ スコヤカニ ヨミガエレ
出版元 径書房
刊行年月 1999.5
ページ数 266p
大きさ 22cm
ISBN 4770501714
NCID BA41551847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20024817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想