精神分析技法の要諦

西園昌久 著

本書は、日本における精神分析のパイオニアであり精神療法全般に関しても幅広い視野をもつ著者の最新の臨床論文集である。精神療法の学習に不可欠なさまざまな臨床課題についての論考が収められている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神療法の本質-精神分析の視点
  • 1 精神分析の技法論(自己の発達と身体性
  • スーパービジョン論
  • 治すことと癒すこと ほか)
  • 2 精神分析治療の経験(慢性分裂病の治療への挑戦
  • 治りにくいうつ病の治療
  • 治りにくい神経症の治療 ほか)
  • 精神分析家としての関心とその深化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析技法の要諦
著作者等 西園 昌久
書名ヨミ セイシン ブンセキ ギホウ ノ ヨウテイ
書名別名 Seishin bunseki giho no yotei
出版元 金剛
刊行年月 1999.3
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 4772406069
NCID BA41536107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20016564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想