はじめての世界音楽 : 諸民族の伝統音楽からポップスまで

柘植元一, 塚田健一 編

諸民俗の音楽文化に関する基礎的な知識と情報を提供し、この研究領域における音楽の最新の考え方や理解の枠組みを紹介。世界のポピュラー音楽も射程に入れて音楽文化の変容する側面に関心を払う一方、地域の説明もアジアを中心にすえた世界地図の西から東へと進んでいく構成をとっている。詳細なグローサリーと索引によって、世界音楽の小辞典としても活用できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世界音楽と変容する伝統
  • 第1章 アフリカ
  • 第2章 ヨーロッパ
  • 第3章 西アジア・中央アジア
  • 第4章 南アジア
  • 第5章 東南アジア
  • 第6章 東アジア
  • 第7章 オセアニア
  • 第8章 アメリカ
  • 終章 世界音楽と音楽教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての世界音楽 : 諸民族の伝統音楽からポップスまで
著作者等 塚田 健一
柘植 元一
拓植 元一
書名ヨミ ハジメテ ノ セカイ オンガク : ショミンゾク ノ デントウ オンガク カラ ポップス マデ
出版元 音楽之友社
刊行年月 1999.6
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 4276135311
NCID BA41533903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想