化学の未来へ

近畿化学協会 編

本書は、これから化学を学ぼうとする若い人びとや、二一世紀の日本をささえる方がたに化学の未来への広がりと、ケミカルパワーを感じとって、心の糧としていただくようにと考えて企画されたもの。生命に関して、脳と人工頭脳、ついで身近な病気のうち、こころの病気、生活習慣病、肥満、インフルエンザをテーマとしてとりあげて、化学との関連から二一世紀を展望。さらに、テクノロジーと新時代の化学、人類社会が持続的発展を行うための厳しい条件下で、化学がどのように社会とかかわっていくかについて論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 生命(脳細胞の神秘にせまる-アポトーシスは脳をときあかす鍵
  • 脳からみた未来のロボテックス-人間にどこまで近づきうるか
  • 「こころ」の病気を薬でなおす-わかってきた脳内での化学物質の動き ほか)
  • 2部 技術(キラルテクノロジーの拓く世界-分子の右左を自在に操る
  • 新コンピュータ時代の幕開け-化学にささえられたパソコン技術
  • 21世紀は光の時代-光に乗せて情報を伝える ほか)
  • 3部 社会(21世紀の食糧生産を担う-進化を続ける農薬
  • 新時代のプラスチック産業-塩ビ・ダイオキシン問題を超えて
  • 未来のクリーンエネルギー-水素は地球を救う鍵)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学の未来へ
著作者等 近畿化学協会
書名ヨミ カガク ノ ミライ エ : ケミカル パワー ガ ジダイ オ ツクル
書名別名 ケミカルパワーが時代をつくる
出版元 化学同人
刊行年月 1999.6
ページ数 238p
大きさ 21cm
ISBN 4759808248
NCID BA41532037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20046136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想