新現象学運動

小川侃, 梶谷真司 編

フッサール以来すでに100年を経過している古典的な『現象学運動』に対して、本書は、これと一線を画す新しい現象学運動を紹介する。シュミッツとゲルノット・ベーメを中心とする『新現象学運動』は、ハイデッガーからの根本的影響を受けながら同時に事象の解明と再分析によって身体、感情、状況、多様性などの人間存在の新しい理解を創造しようとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 シュミッツの日本講演(哲学の現在の課題
  • 現象学と実証主義哲学
  • 芸術における身体と感情 ほか)
  • 第2部 寄稿論文(眼差し・身体・支配
  • シュミッツ現象学における主観性の問題
  • 単独者の存在を開示する感情-フィヒテ以後の思惟の地平と「新しい現象学」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新現象学運動
著作者等 小川 侃
梶谷 真司
書名ヨミ シン ゲンショウガク ウンドウ
書名別名 Phaenomenologica
出版元 世界書院
刊行年月 1999.5
ページ数 402p
大きさ 20cm
ISBN 479279045X
NCID BA41515446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20021532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想