D・H・ロレンスと新理論

荒木正純, 倉持三郎, 立石弘道 編

「チャタレー卿夫人の恋人」、「恋する女たち」、「セント・モーア」などのD.H.ロレンスの作品をデリダ、ラカン、フーコーらの理論と文化研究の視点を通して読む試み。気鋭の研究者による12の論文は、12の理論に基づく新しいロレンス解釈であると同時に、難しくて近寄りがたい「新理論」の、分かり易く具体的な案内にもなっている。批評理論用語・理論家解説付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「知」の楽園喪失-文化研究にむけて
  • サイードとロレンス・ポストコロニアル批評と『羽毛の蛇』
  • バシュラールとロレンス・<物質的想像力>と「プロシア士官」
  • デリダとロレンス・終りなき反復-『恋する女たち』の世界
  • ラカンとロレンス・メタ言語は存在しない-ファルス的シニフィアンとしての「死んだ男」
  • ドゥルーズとロレンス・脱領土化と再領土化-『千のプラトー』と『アロンの杖』
  • バフチンとロレンス・破壊と構築-『恋する女たち』をめぐって
  • フーコーとロレンス・逸脱の館-『チャタレー卿夫人の恋人』
  • ロレンスとマルクス主義・『恋する女たち』のナショナリズム言説
  • ロレンスと大衆社会・『チャタリー卿夫人の恋人』における大衆社会と階級〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 D・H・ロレンスと新理論
著作者等 倉持 三郎
新井 英永
立石 弘道
荒木 正純
書名ヨミ D H ロレンス ト シンリロン
出版元 国書刊行会
刊行年月 1999.3
ページ数 301, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4336041253
NCID BA41503141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99091168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想