秀吉の朝鮮経略

京口元吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 第一章 秀吉以前の目鮮日支交涉 / 3
  • 序 秀吉の外征の動機に關する諸說 / 3
  • 一 古代に於ける朝鮮支那との交涉 / 6
  • 二 新羅・渤海・高麗及び唐・宋・元との交涉 / 9
  • 三 元寇よりも却て古い倭寇 / 13
  • 四 元明及び高麗との交通と倭寇 / 16
  • 五 明及び朝鮮と足利氏との交涉と倭寇 / 18
  • 六 室町末期に於ける交涉の紛糾 / 23
  • 七 室町末期に於ける倭寇の跳梁 / 26
  • 八 戰國時代末期の對外關係 / 29
  • 結 秀吉を誘つた朝鮮支那の富源と文化 / 30
  • 第二章 征明(征韓)に關しての秀吉と朝鮮との交涉 / 39
  • 序 秀吉の征明(征韓)の志は意外に早い / 39
  • 一 謂ゆる日本國王の朝鮮との修好 / 40
  • 二 天正五年以來の秀吉の征韓・征明の素志 / 43
  • 三 秀吉朝鮮王の入朝を促す / 48
  • 四 秀吉の命を矯めて通信使の入朝を斡旋す / 50
  • 五 天正十六年には通信使來らず / 52
  • 六 國王の入朝の斡旋を再び命ず / 51
  • 七 義智自ら入鮮して來聘を促す / 55
  • 八 天正十八年・通信使の來朝 / 57
  • 九 飽氣ない朝鮮王の國書 / 59
  • 一〇 返簡して征明の嚮導を命ず / 62
  • 一一 功名心に發した秀吉の征明の意圖 / 65
  • 一二 義智をして征明嚮導方を通達せしむ / 67
  • 一三 朝鮮は嚮導の意志なきを表明した / 69
  • 第三章 征明計畫とその準備 / 75
  • 第一節 天正十九年に於ける征明計畫 / 75
  • 第二節 天正二十年に於ける征明準備 / 95
  • 第三節 戰前に於ける朝鮮と明の態度 / 112
  • 第四章 文祿の役(第一次朝鮮遠征) / 125
  • 第一節 征明計畫より征鮮遂行へ / 125
  • 第二節 諸軍の進擊より京城陷落まで / 145
  • 第三節 朝鮮八道に於ける諸軍の經略 / 180
  • 第四節 明軍の來援から講和の前夜まで / 209
  • 第五章 慶長之役(第二次朝鮮遠征) / 236
  • 第一節 文祿の役の和議の決裂 / 236
  • 第二節 慶長の役の經過 / 261
  • 第三節 文祿、慶長の結末 / 296
  • 第六章 朝鮮經略の影響 / 304
  • 第一節 朝鮮支那に與へた影響 / 304
  • 第二節 朝鮮役の日本への影響 / 311
  • 結言 大陸政策の一部面としての朝鮮經略 / 320
  • 參考文獻目錄 / 326
  • 朝鮮經略に關する年表 / 330

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 秀吉の朝鮮経略
著作者等 京口 元吉
書名ヨミ ヒデヨシ ノ チョウセン ケイリャク
シリーズ名 日本歴史文庫
出版元 白揚社
刊行年月 1939
ページ数 345p 図版 地図
大きさ 17cm
NCID BA41471293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53009701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想