レヴィナス入門

熊野純彦 著

フッサールとハイデガーに学びながらも、ユダヤの伝統を継承し、独特な他者論を展開した哲学者エマニュエル・レヴィナス。自己の収容所体験を通して、ハイデガーのいう「寛大で措しみない存在」などは、こうしたおそるべき現実の前では無化されてしまう、と批判した。人間は本当はどれだけわずかなものによって生きていけるのか、死や苦しみにまつわる切なさ、やりきれなさへの感受性が、じつは世界と生を結びつけているのではないか、といった現代における精神的課題を、レヴィナスに寄り添いながら考えていく、初の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 個人的な経験から-ばくぜんと感じた悲しみ
  • 第1部 原型じぶん自身を振りほどくことができない-『存在することから存在するものへ』を中心に(思考の背景-ブランショ・ベルクソン・フッサール・ハイデガー
  • 存在と不眠-私が起きているのではなく夜じしんが目覚めている
  • 主体と倦怠-存在することに耐えがたく疲れてしまう)
  • 第2部 展開「他者」を迎え入れることはできるのか-第一の主著『全体性と無限』をよむ(享受と身体-ひとは苦痛において存在へと追い詰められる
  • 他者の到来-他者は私にとって「無限」である
  • 世界と他者-他者との関係それ自身が「倫理」である)
  • 第3部 転回:他者にたいして無関心であることができない-第二の主著『存在するとはべつのしかたで』ヘ(問題の転回-自己とは「私」の同一性の破損である
  • 他者の痕跡-気づいたときにはすでに私は他者に呼びかけられている)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レヴィナス入門
著作者等 熊野 純彦
書名ヨミ レヴィナス ニュウモン
書名別名 Revinasu nyumon
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.5
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4480058001
NCID BA41469101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想