弥生文化論 : 稲作の開始と首長権の展開

橋口達也 著

弥生時代は稲作を基礎とした農耕社会である。また、武器の発達による戦乱の時代でもあった。きたるべき古代国家統一へと進行する激動の時代である弥生社会とその文化を復原する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 弥生文化論
  • 第1章 稲作の開始と発展
  • 第2章 首長権の発生と展開
  • 第3章 甕棺の編年と弥生時代年代論
  • 第4章 弥生時代の生産と流通
  • 第5章 弥生時代における南島との交流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生文化論 : 稲作の開始と首長権の展開
著作者等 橋口 達也
書名ヨミ ヤヨイ ブンカ ロン : イナサク ノ カイシ ト シュチョウケン ノ テンカイ
書名別名 Yayoi bunka ron
出版元 雄山閣
刊行年月 1999.4
ページ数 458p
大きさ 27cm
ISBN 4639016018
NCID BA41467343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20017366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想