弾性と塑性の力学

石川博將 著

本書はできるだけ容易に、かつ大局的に弾性、塑性の力学を学んでもらうために書かれた書である。従来ややもすれば、別々に取り扱かわれてきた弾性の力学と塑性の力学をできるだけ統一的に記述した。連続体の固体力学の基本を理解していただきたいと思っている。そのため、例題や問題も教材の内容の理解を目的に配し、かならずしも章末や巻末に置いていない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 応力
  • 第3章 ひずみ
  • 第4章 エネルギ原理
  • 第5章 降伏条件
  • 第6章 応力とひずみの関係
  • 第7章 一様断面棒の曲げとねじり
  • 第8章 円筒、球、回転円板および円柱
  • 第9章 平面問題
  • 第10章 熱応力問題
  • 第11章 有限要素法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弾性と塑性の力学
著作者等 石川 博将
書名ヨミ ダンセイ ト ソセイ ノ リキガク
出版元 養賢堂
刊行年月 1999.5
版表示 訂正第2版
ページ数 188p
大きさ 22cm
ISBN 4842599057
NCID BA41437772
BA71624349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想