「鎖国」を見直す

永積洋子 編

江戸時代は本当に「鎖国」だったのか?アジアの、世界の、さまざまな交流の中にあって、それは、はたして何だったのか。「第3の開国」「国際化」が叫ばれる今、歴史の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「国を鎖す」ということ(変貌する「鎖国」概念
  • 「鎖国」と沿岸防備体制
  • 江戸時代の「国境」)
  • 2 中国から眺める(鄭芝龍父子と日本の「鎖国」
  • 「鎖国」期日本への人口圧力-ヒトの移動と東アジア移民圏の形成
  • 琉球使節の異国体験-中国大陸三千キロの旅
  • 中国製糖技術の徳川日本への移転)
  • 3 「鎖国」を超えた世界商品(輸入反物が語るインド更紗の盛衰
  • 鎖国時代の花形商品・伊万里焼と蒔絵漆器
  • 日本醤油をヨーロッパの食卓に)
  • 4 座談会「鎖国」を見直す(「鎖国」を見直す-江戸の暮らしは国際関係の中に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「鎖国」を見直す
著作者等 Daniels, Christian
Toby, Ronald P
小笠原 小枝
山本 博文
川勝 平太
斯波 義信
永積 洋子
浜下 武志
田中 則雄
真栄平 房昭
西田 宏子
速水 融
鶴田 啓
書名ヨミ サコク オ ミナオス
シリーズ名 シリーズ国際交流 1
出版元 国際文化交流推進協会 : 山川出版社
刊行年月 1999.5
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 4634471108
NCID BA41428636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99095974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想