技術としての身体

野村雅一, 市川雅 編

身体は、生まれながらに与えられたものではなく、文化的に形成されるひとつの根源的技術、しかけである。本巻では人間の感覚の様態そのものからはじめて、身体技術のさまざまな断面とそれらの社会・文化的な意味を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 感覚と身体訓練
  • 第2部 身体の秩序と逸脱の技術
  • 第3部 日常動作の組織と構造
  • 第4部 芸能と身体技法
  • 第5部 アルスアマトリアと性愛理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 技術としての身体
著作者等 Snyder, Allegra Fuller
八木 祐子
小川 了
山口 惠里子
山本 徳郎
山本 誠
市川 雅
早川 聞多
柴田 佳子
栗田 博之
江口 重幸
河野 亮仙
澤田 昌人
片山 一道
谷 泰
近藤 雅樹
野村 雅一
須藤 健一
鵜飼 正樹
書名ヨミ ギジュツ ト シテノ シンタイ
シリーズ名 叢書・身体と文化 第1巻
出版元 大修館書店
刊行年月 1999.6
ページ数 447p
大きさ 22cm
ISBN 4469163414
NCID BA41422618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99100981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想