景観哲学をめざして : 場所に住む・場所を見る・場所へ旅する : 場所を創出する動物としての人間

角田幸彦 著

[目次]

  • 1 景観をめぐっての哲学(疑似分析的思考を超えて
  • トポフィリア(場所愛)
  • 景観を問う現象学へ ほか)
  • 2 和辻哲郎『風土』との対話(和辻とハイデガー-対決と影響
  • マルクスとの対決
  • 『風土』における風土の三類型 ほか)
  • 3 景観・思索・詩作(ここでもハイデガーへ
  • スイス・グラウビュンデンの三村景観-ニーチェとシルス・マリア、リルケとソーリオ、私とサンタマリア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 景観哲学をめざして : 場所に住む・場所を見る・場所へ旅する : 場所を創出する動物としての人間
著作者等 角田 幸彦
書名ヨミ ケイカン テツガク オ メザシテ : バショ ニ スム バショ オ ミル バショ エ タビスル : ト ゾーイオン トポン ポイエオン ト シテノ ニンゲン
出版元 北樹
刊行年月 1999.4
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 489384704X
NCID BA41410368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99085138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想