人権の思想史

浜林正夫 著

人権思想の成立を近代ヨーロッパに求め、アジアでの展開など、「生きる権利」を世界史の中に探る。植民地・女性問題などで、絶えず人権がふみにじられてきたことを通し、人権は「終わりなき旅」であることを宣言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人権思想の成立(生きる権利
  • 身分制社会とのたたかい ほか)
  • 裏切られた人権宣言(「人権宣言」の批判者たち
  • 植民地と人権 ほか)
  • 近世アジアと人権思想(中国の近世思想
  • 朱子学への批判者たち ほか)
  • 人権思想の展開(自由権から社会権へ
  • 人民の自決権 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人権の思想史
著作者等 浜林 正夫
書名ヨミ ジンケン ノ シソウシ
書名別名 Jinken no shisoshi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 68
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.6
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4642054685
NCID BA41358155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想