近世の百姓世界

白川部達夫 著

かつて民衆が自らを「御百姓」と誇りをもって主帳した時代があった。記億の彼方に志れ去られようとしている百姓の土地観念、人との関わりや自由の歴史構造をキーワードに、今も私たちを規制する思考や行動の原点を探る

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世百姓とは-プロローグ
  • 人と土地-質地請戻し慣行
  • 人と人のきずな-頼み証文
  • 公と私と共-迷惑・我儘・私欲
  • 百姓の「自由」-訴と村方騒動・百姓一揆
  • 百姓世界の解体と現代-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の百姓世界
著作者等 白川部 達夫
書名ヨミ キンセイ ノ ヒャクショウ セカイ
書名別名 Kinsei no hyakusho sekai
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 69
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.6
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 4642054693
NCID BA41356885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99103734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想