非-知 : 閉じざる思考

ジョルジュ・バタイユ 著 ; 西谷修 訳

「絶対知」が形成されるその瞬間から「非‐知」が始まる-。人間主義的知性が自己完結する言説の回路を解体し、認識の構造の自明性を根底から問い直す「外の思考」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 非‐知についての講演(非‐知のもたらすもの
  • 死の教え
  • 非‐知と反抗
  • 非‐知、笑い、涙)
  • 2 非‐知
  • 3 非‐知の未完了の体系 草稿(「無神学」のための草稿
  • 『体系』のための草稿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非-知 : 閉じざる思考
著作者等 Bataille, Georges
西谷 修
バタイユ ジョルジュ
書名ヨミ ヒ チ : トジザル シコウ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1999.5
版表示 新訂増補.
ページ数 236p
大きさ 16cm
ISBN 4582762875
NCID BA41356433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99096310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想