ヒトラーの震え毛沢東の摺り足 : 神経内科からみた20世紀

小長谷正明 著

20世紀は戦争の世紀であり、一国の命運はしばしば独裁者の手に委ねられた。だが独裁者の多くが晩年「神経の病」に冒されて指導力を発揮できず、国民を絶望的状況へ導いたことはあまり知られていない。彼らを襲った疾患とはいかなるものだったのか。政治的指導者から作曲家、大リーガーまで、多彩な著名人を取り上げ、貴重な映像と信頼に足る文献をもとにその病状を診断する。神経内科の専門医がエピソード豊かに綴る20世紀史話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 震える総統
  • 言葉を失ったボリシェヴィキ
  • 主席の摺り足
  • 大統領たちの戦死
  • 芸術家、大リーガー、兵士
  • 20世紀のファウスト博士
  • 映像の中のリーダーたち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトラーの震え毛沢東の摺り足 : 神経内科からみた20世紀
著作者等 小長谷 正明
書名ヨミ ヒトラー ノ フルエ モウ タクトウ ノ スリアシ : シンケイ ナイカ カラ ミタ 20セイキ
書名別名 Hitora no furue mo takuto no suriashi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.5
ページ数 180p
大きさ 18cm
ISBN 4121014782
NCID BA41333121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99109279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想