シャボン玉の図像学

森洋子 著

「人間は泡沫なり(homo bulla)」という思想は、西欧美術のなかで、どのように描かれてきたか。人生やこの世の栄華、富、名声、美などの寓意となって、16〜19世紀の絵画や図像集に思いがけない画面効果をもたらしたシャボン玉の豊富な図版資料や文芸作品を渉猟し、生の価値観をさぐる、世界でも類のない学際的な歴史研究。バブルの文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エラスムス『格言集』のhomo bulla
  • 十六世紀フランス、フランドル、ドイツ美術のシャボン玉
  • 十六世紀の寓意図像集と寓意版画のシャボン玉
  • 十七世紀の静物画のシャボン玉
  • 十七世紀の寓意図像集のシャボン玉
  • 十七世紀の絵画化されたプットーとシャボン玉
  • 十七世紀のプットーから日常生活の少年へ
  • 十七世紀の風俗化されたシャボン玉遊び
  • 十七世紀の肖像画・宗教画・タイル画にみられるシャボン玉遊び
  • 十八世紀のシャボン玉表現〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シャボン玉の図像学
著作者等 森 洋子
書名ヨミ シャボンダマ ノ ズゾウガク
出版元 未來社
刊行年月 1999.4
ページ数 377, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4624710665
NCID BA41311300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99090210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想