学校経営の改革戦略 : 日米の比較経営文化論

中留武昭 著

本書においては、先の日米の学校経営文化に固有なものとして、考えられる特質(法則性)を説明概念として用いながら、学校経営の全領域をカバーしながら、最終的には比較を通して、わが国の学校経営にとって、新しい改善のための視座とその戦略とに思いを馳せたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 教育改革と「学校経営」の新時代
  • 学校経営をめぐる教育環境の諸相
  • 学校選択の弾力化・自由化の視座と学校経営
  • 伝統的学校経営と新しい学校経営との視座
  • 教育目標の具現化とその可能性
  • 教育課程の内容基準の変遷とその特質
  • 教育課程経営の実態と課題
  • 教育課程経営の評価
  • 校内研修の経営
  • 学級とクラスルームの経営〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校経営の改革戦略 : 日米の比較経営文化論
著作者等 中留 武昭
書名ヨミ ガッコウ ケイエイ ノ カイカク センリャク : ニチベイ ノ ヒカク ケイエイ ブンカ ロン
書名別名 Gakko keiei no kaikaku senryaku
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1999.5
ページ数 354p
大きさ 22cm
ISBN 4472113910
NCID BA41296987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99087736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想