茶道の歴史

谷端昭夫 編

次代を担う論客が、未開拓の領域に光をあてた新知見満載の茶道史論集。本書では、今後の茶道史研究の展開の基礎となるであろうと考えられる「基礎史料の公刊」と「茶の湯の地域性」を中心とするなかで、以下の四点にしぼって近年の茶道史研究における歩みを跡付けている。すなわち茶の湯における(一)中世の飲茶について、(二)公家の茶、(三)資料の公刊、(四)残された課題、である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公家の茶の湯の研究
  • 武家茶道の研究
  • 豪商の茶の湯
  • 地域茶道の研究
  • 茶道史の諸相

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶道の歴史
著作者等 谷端 昭夫
千 宗室
書名ヨミ チャドウ ノ レキシ
シリーズ名 茶道学大系 / 千宗室 監修 第2巻
出版元 淡交社
刊行年月 1999.5
ページ数 455, 29p
大きさ 22cm
ISBN 4473016625
NCID BA4125253X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99097727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想