宗教 : その原初とあらわれ

村上陽一郎, 細谷昌志 編

本書は、宗教に人が求めたものはなんであったのか。宗教の原初に立ち返って考察します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宗教と非宗教のあいだ
  • 神の不在の時代-近代ヒューマニズムの射程
  • いのちの再発見-曇鸞とキェルケゴール
  • ニヒリズムの構図
  • 深みの次元の喪失
  • 絶対者と理性-ドイツ観念論の一断面
  • 「別の原初」と「絶対無」-ハイデッガーと西田
  • 斎藤茂吉の「自然」-鎮魂のアミニズム
  • 祀り-民俗学の地平から
  • ヤコブ・ベーメにおける創造と悪
  • 生と死のコスモロジー
  • 創造と終末
  • 贈与あるいは愛の倫理と宗教
  • 宗教と社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教 : その原初とあらわれ
著作者等 村上 陽一郎
細谷 昌志
書名ヨミ シュウキョウ : ソノ ゲンショ ト アラワレ
シリーズ名 叢書転換期のフィロソフィー 第4巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1999.5
ページ数 341p
大きさ 22cm
ISBN 4623028682
NCID BA41245126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99090490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想