東アジアと海上の道

上田正昭 著

古代日本の歴史と文化の形成には、朝鮮半島をはじめとする渡来の人々が大きく寄与していた。彼らとその後裔たちが、古代日本の政治と社会、経済と文化の発展にはたした役割を、史実にもとづいて考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 渡来人の活躍(渡来人群像
  • 渡来の波
  • 古代国家の実力者 ほか)
  • 2 倭人の世界(海・山のあいだ
  • 稲作の展開
  • 倭人の交渉)
  • 3 東アジアと海上の道(海上の交渉の史脈
  • 北ッ海の古代文化
  • 非稲作民の民俗と芸能)
  • 4 古代文化の風景(伝承の虚実
  • 王権と風俗
  • 語部と伝承 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアと海上の道
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ ヒガシアジア ト カイジョウ ノ ミチ
シリーズ名 上田正昭著作集 / 上田正昭 著 第5巻
出版元 角川書店
刊行年月 1999.5
ページ数 391, 17p
大きさ 22cm
ISBN 4045228055
NCID BA41235858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99100330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想