広瀬旭荘

大野修作 著

"日本最高の漢詩人"といわれ、"全く中国の一流詩人としてみても違和感はない"と評価される、旭荘の詩の約二十分の一を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東遊行(亀山神祠に登る
  • 穏渡の歌 ほか)
  • 第2章 日田在郷時代(島子玉の丑時の咀に和す
  • 虎伏巌 ほか)
  • 第3章 佐賀長崎紀行(内山氏の梨雲館に宿る
  • 松子登の蔵する所の蒙古兜を観る ほか)
  • 第4章 江戸大坂在住時代(井岡玄策の夜帰るを送る
  • 冬夜眠れず、起ちて庭上を歩く ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広瀬旭荘
著作者等 大野 修作
富士川 英郎
佐野 正巳
入谷 仙介
入矢 義高
書名ヨミ ヒロセ キョクソウ
書名別名 Hirose kyokuso
シリーズ名 日本漢詩人選集 / 富士川英郎 ほか編 16
出版元 研文
刊行年月 1999.3
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4876361673
NCID BA41184870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99081899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想