雷電日記

渡邉一郎 監修 ; 小島貞二 編

史上最強の力士と謳われた江戸の名大関雷電為右衛門は現役中から巡業旅日記ともいうべき『諸国相撲控帳』を書いていた。また現役引退後、出雲藩の相撲頭取になってからは公文書メモ『万御用覚帳』を書き残している。本書はその古文書の解読と現代語訳文をあわせて紹介した一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 諸国相撲和(控)帳(寛政元年(1785)〜享和元年(1801)
  • 享和元年(1801)〜文化十二年(1815))
  • 万御用〓(覚)帳(文化八年(1811)〜文政二年(1819))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雷電日記
著作者等 小島 貞二
渡辺 一郎
雷電 為右衛門
渡邉 一郎
書名ヨミ ライデン ニッキ
出版元 ベースボール・マガジン社
刊行年月 1999.2
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 4583045530
NCID BA41123446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99073467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想