文人外交官の明治日本 : 中国初代駐日公使団の異文化体験

張偉雄 著

明治10年代の日本で異文化と遭遇し、自国の伝統との狭間で戸惑い苦闘した清国外交官たち。何如璋、黄遵憲らの詩文、外交活動、日本研究を通して異文化理解の行程を探る中国と日本、そして東洋と西洋の比較文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 公使団の派遣(公使団員の使命感
  • 公使の利義観 ほか)
  • 第2部 公使団員の文人気質(日本美の発見
  • 桜文化論 ほか)
  • 第3部 外交活動の展開(琉球交渉
  • 琉球交渉の裏側 ほか)
  • 第4部 『日本国志』の世界(異文化理解の苦闘
  • 日本研究の展開 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文人外交官の明治日本 : 中国初代駐日公使団の異文化体験
著作者等 張 偉雄
書名ヨミ ブンジン ガイコウカン ノ メイジ ニホン : チュウゴク ショダイ チュウニチ コウシダン ノ イブンカ タイケン
出版元 柏書房
刊行年月 1999.4
ページ数 268, 2p
大きさ 21cm
ISBN 4760117296
NCID BA4110345X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99100959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想