一般気象学

小倉義光 著

本書は大学の教養課程ではじめて気象学を学ぶ人の教科書として書かれたものである。だから予備知識としては高等学校卒業程度の物理学と数学で十分である。式が出てくるが、注釈の部分を除けば、すべて代数方程式である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 太陽系のなかの地球
  • 第2章 大気の鉛直構造
  • 第3章 大気の熱力学
  • 第4章 降水過程
  • 第5章 大気における放射
  • 第6章 大気の運動
  • 第7章 大規模な大気の運動
  • 第8章 メソスケールの気象
  • 第9章 成層圏と中間圏内の大規模な運動
  • 第10章 気候の変動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一般気象学
著作者等 小倉 義光
書名ヨミ イッパン キショウガク
書名別名 Ippan kishogaku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1999.4
版表示 第2版.
ページ数 308p
大きさ 21cm
ISBN 4130627066
NCID BA41099556
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99093884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想