コミュニケーション論 : 愛と不信をめぐるいくつかの考察

後藤将之 著

時代を反映するポップスの歌詞やマンガに着想を得て、ポップ文化にひそむ思想性を、G・H・ミードやH・S・サリヴァンの理論により摘出する。1960年代以降の大衆文化が秘めていた可能性を、90年代の文脈から再検討し、新世紀のコミュニケーション秩序のありうべき姿を、情感にとんだ記述をとおして描き出す。何も押しつけず、何も否定しない。時代の最後列から「乗り遅れた世代」のひとりが送る相互理解のメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一章 コミュニケーションとは何か
  • 第二章 情報的な世界観
  • 第三章 認識としてのコミュニケーション
  • 第四章 交流としてのコミュニケーション
  • 第五章 構造としてのコミュニケーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーション論 : 愛と不信をめぐるいくつかの考察
著作者等 後藤 将之
書名ヨミ コミュニケーション ロン : アイ ト フシン オ メグル イクツカ ノ コウサツ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.4
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4121014707
NCID BA41099068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99098356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想